ブログ更新しました

部屋からの眺めや温泉もいい!ホテルオークラハウステンボス宿泊レポ

ホテルオークラ宿泊レポート

ども、KOTOKOTOです。

今回はとことこ食べ歩きではなく、だらだらお泊り宿泊レポートになります。

世間の皆様の夏休みも終わってそろそろ行楽地も空いてきたんじゃない?ってことでね、近場でリゾート気分を味わおうってことでホテルオークラJRハウステンボスに泊まってきました。

ここはハウステンボスの場内ではないんだけど、ほぼ場内みたいなもんだし、いろいろおすすめポイントがあるんです。実はもう何度も宿泊してるんで今回は宿泊したお部屋のレポとともに、自分の思うホテルのおすすめポイントも紹介してみます。

スポンサーリンク

ホテルオークラJRハウステンボスへのアクセス

ホテルへのアクセスは福岡からだと

電車の場合

博多からのアクセスとしては特急「ハウステンボス号」で約110分
ホテルの場所としてはハウステンボス駅から徒歩10分。

車の場合

車だと高速を使って西九州自動車道 佐世保大塔ICから約15分
車はホテル目の前の駐車場が利用できて宿泊の場合は宿泊当日はチェックイン前の早い時間からでも終日無料。チェックアウト後12時までは無料で以後1時間500円になります。
ちなみにレストラン、ショップ利用の場合は 1,500円以上で4時間無料、以後1時間500円となってます。

車の場合は注意点として
駐車券は必ずフロントで押印してもらうこと。これがないと無料にならないので忘れないように。

駐車場は1階だけどホテルのフロントは2階なので荷物が多い場合はまず2階で荷物を降ろしてから駐車するようにってことです。

ホテルオークラJRハウステンボスの外観や特徴

ホテルの外観はオランダ鉄道アムステルダム中央駅を模していて、初めて行った時ここがハウステンボスのメインの建物だと勘違いしたくらい立派な外観です。

 

ホテルオークラJRハウステンボス

ホテルの1階にはファミマも入ってるので便利で使いがってがいい。

天然温泉 がおすすめ

同じく1階には琴の湯って天然温泉もあります。
この温泉もよくって、入ってみるとよくわかるけどお湯がかなり茶色で鉄分、マンガンが多いらしい。
ハウステンボスは場内で遊ぶと結構歩き回ることになるんで、温泉でしっかりあったまるのも疲れがとれておすすめです。男湯と女湯は左右日替わりんで朝と夜入れば両方楽しめます。

泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・病後回復・冷え性・痔疾・疲労回復・切り傷・火傷・慢性消化器病・慢性皮膚病(アトピー)など

 

一応内湯と露天があるんだけど、露天っていっても周りから見えないようにしっかり囲いがされてるんで解放感は弱めですが、足を延ばしてはいれるのは嬉しいです。

ただ残念なことに日によってはかなり込み合ってるので入る時間には注意が必要。

宿泊者が利用できる時間は 6:00~9:30(最終受付 9:00)と15:00~24:00(最終受付 23:30)
今まで利用した経験からしてハウステンボスが閉館する夜22:00過ぎくらいはかなり込み合うことが多くて洗い場の利用待ちになるもとも。逆にチェックイン直後の15:00頃はかなり空いててゆっくり入れる場合が多いです。朝も早めの時間なら割と空いてます。

宿泊者は部屋にある作務衣とスリッパで温泉いけるんでそのあたりも楽でいいですし、バスタオルとハンドタオルも温泉入り口でもらえるんで部屋からもってく必要もなしです。浴室内にボディーシャンプー、シャンプー、トリートメントはあって基本手ぶらでもいけますが、女性の方はメイク落としなんかはないので必要なら持っていってください。

宿泊者専用クルーザー がおすすめ

ここのホテルはハウステンボスのオフィシャルではないんだけど、宿泊者は専用のクルーザーにのってハウステンボスのタワーシティ下までいけます。

クルーザー

ハウステンボス内に入っても同じタワーシティ下までいけるんだけど、そこまで歩いていかなくていいし入り口の混雑もさけられます。

せっかくの特典なんだけど、意外と泊ったのに気づかなかったって話を聞きます。一応ホテル内にはポスターとかで告知もされてるんだけど、フロントでチェックインの際など積極的には案内されないので是非知っておいてほしい。

あまり積極的に告知されない理由かは不明だけど利用の際にはいくつか注意事項があります。

まずクルーザー利用の時点で手元にパスポートが必要であること

なので初日でパスポートがない場合は一旦入り口でパスポート購入してから戻ってクルーザーに乗ることになります。自分の場合は年間パスポートを持ってるんでこの手間は省けますが、これはまあちょっと面倒だし、入り口まで行ったらもうそのまま入れってなっちゃいますよね。なのでクルーザーに乗るのは2回目の入場からにするのが無難かもしれません。

次にホテルが発行する宿泊者証明書が必要なこと

オークラ宿泊証明

こちらはフロントで簡単にもらえます。ついでに運航時刻表も一緒にもらっておくといい。

宿泊証明書には宿泊日と人数と名前が書きこまれるので、乗船時か係りの人に見せればOK。チェックイン当日のチェックイン前の時間でも宿泊確認できれば早めにもらうこともできまし、チェックアウトした日も使えます。場内からホテルに戻ってくる際も専用クルーザーに乗船できますが便があまり多くなくって、最終便は早いので要注意です。

パークビューの眺め がおすすめ

ホテルのお部屋はハウステンボス側になるパークビューの部屋と逆の駅や駐車場を見るステーションビューの部屋があります。値段としてはやはりステーションビューが安いんだけど、自分としては断然パーク側がおすすめ。

パークビューと言ってもパークがメインに見えるというよりパークに併設されているワッセナーという別荘エリアを上から眺められるお部屋になります。その向こう側には大村湾も広がってるし鷺やカモメなんかも飛んでる姿が眺められます。

かなりお高い別荘なんで買うとか住むのはとてもとても無理だけど、こういう眺めが非日常というか普段ない景色なんで、楽しいんですよね。

ワッセナー

まあここは好みの問題なんで、パーク内で思いっきり遊んで後は寝るだけって人は駅側がいいとは思います。

ホテルオークラJRハウステンボス

 

夜もここがおすすめ

夜は部屋の窓からイルミネーションも見えます。ドムトールンのライトアップはパーク側の部屋であればどこからでも見られます。観覧車は部屋によって角度が悪くあまり見えない場合も。パーク入り口の噴水ショーも見えるんだけど、音楽が聞こえないのでこれはやっぱり側で見る方がおすすめです。

 

ちなみにこちらは以前ハウステンボス内で撮影した噴水ショーの動画です

他にもハウステンボスでは年に数回花火大会が開催されます。
この花火大会はオークラのパークビューの部屋からも見られます。
残念ながら音楽まではちょっと聞こえない部分もあったり、距離の為に打ち上げの音とあがるタイミングに多少のずれがあったりはするんです。

これは部屋によって少し状況も違って4~6階の部屋だと窓を開けてバルコニーにでると音はそこそこ聞こえます。逆に7階以上の部屋はバルコニーがなくて窓もあかないんで音は聞こえにくいけど、その分高さがあるので下側であがってる花火もよく見えます。場内で見るのもいいとは思うんだけど混雑が苦手って人は、お部屋でゆっくり見るのもいいですよ。

毎年1番大きな花火大会は9月に行われていて今年も9/21に開催予定。

こちらは昨年9月の花火大会の動画
6階の部屋のバルコニーから撮影したものの一部です。

スペーリアハリウッドツイン パークビューはこんなお部屋

ここからは今回泊った部屋の宿泊レポートになります。

宿泊したのはスペーリアハリウッドツイン パークビュー9階のお部屋。
やっぱり窓からの眺めは最高でテンションあがります。

室内の仕様としては

まず室内に入って右手にクローゼット

クローゼット

広さも十分にあります。

左手側は

洗面化粧台

その横にユニットバスがあります。

 

ユニットバス

設置のアメニティはこんな感じで一通りあります。

ハミガキセット/ カミソリ&シェービングクリーム/シャワーキャップ/保湿クリーム/化粧水/洗顔料/化粧落とし/綿棒&コットン/タオル/ヘアブラシ

アメニティ

 

残念ながら部屋はユニットバスになります。以前11階に泊まった時はバストイレ別の部屋だったけどそれ以外の部屋はこの仕様です。まあ自分の場合は大抵1階の温泉行くんで問題ないです。

備え付け備品

冷蔵庫

珈琲や紅茶と電気ポットがあって、その下に持ち込み利用用の冷蔵庫があります。今回利用したプランはミネラルウォーターがついてましたが、ない場合もあります。製氷器は同じ階にありました。

ベッド

ベッドサイズ  2000 × 1200と広めで足元に空気清浄機もあります。

空気清浄機

今回写真撮り忘れてしまったんだけど窓は出窓っぽくなってて窓辺にテーブルセットがあります。
部屋自体はめちゃくちゃ広いってわけでもないですが、ベッドはゆったりしたサイズだし、必要なものは一通りそろっててくつろげる部屋でした。

ホテルオークラJRハウステンボスのウィークポイントは?

ここまでおススメをご紹介させていただきましたが、じゃあ何かウィークポイントはあるのかって話です。

これはやはりハウステンボスのオフィシャルホテルではないってことです。
場内にあるオフィシャルホテルに宿泊した場合、パスポート付きのプランで宿泊すると宿泊日翌日利用できるパスポートももらえます。ですが、ここではそれがありません。代わりに前日のパスポートとホテルの宿泊証明を入り口で掲示すると2日目は4200円でパスポートが購入できます。
まあオフィシャルホテルに比べるとここの方が基本的に料金が抑え目ではありますので、ウィークポイントとまでは言えないかもしれません。また年間パスポート利用者には問題ない点になります。

他には距離的にちょっと遠いとか、ホテル内にフレンチなど洋食のコースが食べられるレストランがないとか、その程度でしょうか。

眺めもよくおおむね快適に過ごせる場所ですし、2019年発売のミシュランガイドでも4つ星を獲得しているので一度泊まってみて損はないと思います。

ちなみに今回宿泊プランにセットになっていたモーニングビュッフェのご紹介はこちら↓

 

ディナーはホテル最上階の鉄板焼き「大村湾」でいただきました