ブログ更新しました

博多駅でフレンチランチを♪/『ブラッスリー ポール・ボキューズ』

ポールボキューズ福岡市/博多区ぐるめ

どもっ、KOTOKOTOです。

今回のとことこ食べ歩きは、博多駅のレストランフロアくうてんです。
うかがったのは「ブラッスリー ポール・ボキューズ 博多」でフレンチランチです。

スポンサーリンク

ブラッスリー ポール・ボキューズ 博多へのアクセス

お店の場所は博多駅のレストランフロア、くうてん9階になります。
甘味処京はやしやの左隣りに入り口があります。

ブラッスリー ポール・ボキューズ 博多の外観と店内

お店の入り口はソファのようになっていてちょっとおしゃれ。

ポールボキューズ

 

ポールボキューズ

店内はくうてんのレストランフロアの中でも広めで、121席とのこと。
天井も高くあかるい雰囲気です。

ポールボキューズの店内

 

ランチメニュー 季節のコース 3800円(税別)

ここは福岡でも有名な「レストランひらまつ」の系列店で比較的お安くコース料理が食べられるお店。中洲のひらまつは自分にはちょっと敷居が高いですが、ここは駅ビルとあってお客さんもカジュアルな服装の人も多いので安心して入れます。

ランチコースは三種類あって、

MENU D’AFFAIRES ランチセット ¥1800 (税別)
アミューズ、本日のメインディッシュ、本日のデザート、コーヒー
スープの追加(+300円)

MENU DU DÉJEUNER おすすめランチコース ¥2,400 (税別)
アミューズ、前菜、メインディッシュ、デザート、コーヒー
スープの追加(+300円)

Cours saisonnier 季節のコース ¥3,800 (税別)
アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー
スープの追加(+300円)

フレンチランチで魚も、肉もついて3800円はお得だけど

おすすめランチコースと季節のコースは前菜、メイン、デザートを所定のメニューの中から選べるんだけどこれがちょっと曲者なんですよね。

選べるメニューは

【前菜】
◇いろいろなキノコのマリネと生ハムのサラダ仕立て
又は
◆鴨フォアグラのポワレ トウモロコシのガレット ソースヴェルジュ(+¥1,000)
【魚料理】
◇本日の鮮魚のポワレと茄子のブレゼ フレッシュトマトのビネグレットソース
又は
◆“ブラッスリー・ポール・ボキューズ・博多のスペシャリテ”
胡麻を纏った豊後まぐろ “ヨコヅーナ” のミキュイ 季節野菜添え(+¥1,500)
【肉料理】
◇ スペイン産栗豚バラ肉のコンフィ 赤ワインソース ジャガイモのピューレと共に
又は
◆豊後米仕上牛と季節野菜のポワレ 芳醇な赤ワインソース・・(+¥1,500)
【デザート】
◇ムッシュ ポール・ボキューズのクレーム・ブリュレ
又は
◇チョコレートとプラリネのムース バナナとパイナップルのソルベと共に
又は
◆福岡県産いちじく“とよみつひめ”の赤ワイン煮 バニラのアイスクリームと一緒に (+¥500)

こんな風にプラス料金がたくさんついてます。でもプラス料金がついているメニュー名を見ると、つい頼みたくなってしまうんです。

そんなわけで今回は季節のコース 3800円を注文。

前菜:鴨フォアグラのポワレ トウモロコシのガレット ソースヴェルジュ(+¥1,000)
魚料理:本日の鮮魚のポワレと茄子のブレゼ フレッシュトマトのビネグレットソース
肉料理:ペイン産栗豚バラ肉のコンフィ 赤ワインソース ジャガイモのピューレと共に
デザート:福岡県産いちじく“とよみつひめ”の赤ワイン煮 バニラのアイスクリームと一緒に (+¥500)

というわけで結果、トータル5300円(税別)になってしまいました。

例えばこの日のメニューで全てプラス料金のメニューを選ぶとプラス4500円になってトータル8300円のコースになっちゃいますから、このあたり庶民には注意かと思います。

 

 

お料理はまずアミューズからです。

アミューズ

ついでパンが運ばれてきます。

ポールボキューズのパン

鶏のリエット

鶏のリエットとオリーブオイル。リエットはパンにあって美味しかった。

鴨フォアグラ

鴨フォアグラのポワレ トウモロコシのガレット、パッションフルーツと酸味の強いぶどうのソース。

トウモロコシのガレットに惹かれてこの料理を選んだんだけど、イメージしたガレットと違った。マッシュポテトのようなもの、こういうガレットもあるんですね。もの知らずですみません。
それとこの皿のソースがすごく酸っぱい!確かに酸味の強いぶどうのソースだとは説明されたけど、それをわかって食べても、うってなるすっぱさ。正直自分にはすっぱすぎて苦手でした。フォアグラはいい焼き加減。

鮮魚のポワレ、フレッシュトマトのソース。

ポールボキューズの魚料理

お魚は美味しいけど、これもちょっとすっぱめなソース。単品で食べればそうでもないかも知れないけど、前のお皿と続くとすっぱさが強く感じました。

スペイン産栗豚バラ肉のコンフィ 赤ワインソース。

スペイン産栗豚バラ肉のコンフィ

豚肉は脂も甘みがあって美味しい。そえられた栗はあまり甘みや旨味を感じない。

いちじくの赤ワイン煮

ポールボキューズの紅茶

最後はデザートと紅茶でいちじくの赤ワイン煮とバニラのアイスクリーム。これは適度な甘みで美味しかった。結構ワインの香りと味がします。

ゆっくり食べてコース終了。ここは座席数も多いのでいつもゆっくりランチできて好きです。デザートなど美味しかったけど、今回はちょっとすっぱいソースの印象が強すぎたかな。

またゆっくりランチにうかがいます。
ごちそうさまでした。

店名 ブラッスリー ポール・ボキューズ 博多 (BRASSERIE PAUL BOCUSE HAKATA)
お問い合わせ :050-5594-9548
住所 :福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F
営業時間:【平日(月~金) 】ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:00)
              ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00)
      【土・日・祝】 11:00~22:00(L.O.21:00)
       ※終日カフェ利用も可能
定休日:無休

 

ブログランキング参加中 応援お願いします
にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村