ブログ更新しました

長崎の老舗フレンチはやっぱり風格あって旨し/『長崎ペリニィヨン』

ペリニィヨン長崎市ぐるめ

どもっ、KOTOKOTOです。
今回のとことこ食べ歩きは、長崎ペリニィヨンでのディナーです。
先日長崎くんちを見に行きました。

かなり強行スケジュールでディナーは予定してなかったんですが、急遽お誘いいただき行ってまいりました。

 

一応ドレスコードなど気にすべきお店なんですが、なんとか入店もでき美味しい料理を堪能でできました。

スポンサーリンク

長崎 ペリニィヨン (Perignon)へのアクセス

お店の場所は長崎市万屋町

長崎の中心部にある浜町アーケードのすぐ側です。

今回は浜町アーケードの入り口にあるホテルフォルツァ長崎に宿泊していたんで、そこからアーケードをまっすぐ進み、十八銀行のある道を左に曲がるとお店があります。

長崎 ペリニィヨン (Perignon)の外観と店内

お店はビルの2階なんだけど、初めて行った時はここ?って思ってしまいました。

ペリニィヨン

とんかつ屋さんの看板があり、その2階です。
入り口に手書きのメニューがあります。

ペリニィヨンのメニュー

ペリニィヨン

階段を上って右側に入り口があります。

階段の上にこんな表示があります。

ペリニヨン

ちゃんとしたお店です。この日は服装が結構ラフだったのでかなりドキドキしました。

ペリニィヨンの店内

店内はクラシカルでまさに正統派フレンチといった佇まいです。テーブルの上の花も赤や黄色であでやか、絵画も多く飾ってあります。

今回は急遽でしたが友人が予約をいれてくれたので、席を用意していただけていました。

席に座ると窓から少しだけ外が見えますが、大部分が目隠しされているので外は気になりません。
この日は長崎くんち中とあって周りはかなり騒がしかったのですが、喧騒も感じずにすみます。

 

ペリニィヨンの食器

テーブルにセットされている絵皿の色鮮やかですね。

自分はお酒が飲めないのでジンジャエールをいただきました。なんと400円。

ディナーコースは5500円と8500円(税別)の二種類

以前友人に連れてきてもらって、それ以来長崎に行く時たまにランチなどに行ってましたがディナーは久々でした。

ディナーコースは2種類ありますが今回は既に友人がコースも予約をしてくれており、8500円のコースをいただきました。

ペリニィヨンのアミューズ

海老とモロヘイヤのゼリー寄せ、サンマのスモークにさんまのパテ。
このゼリー寄せ美味しかった~海老もたくさん入ってます。

ペリニィヨンのパン

パンもしっかりした味で美味しい。

ペリニィヨンのスープ

スープは松茸入りコンソメスープ、下にフランといって洋風の茶わん蒸しみたいになっています。松茸がね、ふわっとすごくいい香りなんです。下の卵も滑らかでこれも美味しい。

ペリニィヨンの魚料理

お魚は「タカサゴヒメジ」という魚とオマール海老、カリフラワーが添えられていて焦がしキノコのソース。
このお皿がね、この日1番好きだった、もうめちゃめちゃ美味しい、うまい!
ほんとにね、これ食べられただけでも来てよかったって思える一皿でした。長崎は魚がよくってこのお店もいつも魚料理はおいしいんだけど、本当に幸せになれた一皿。

ペリニィヨンの肉料理

お肉は子羊のロースト。これも食べ応え十分に美味しかったんだけど、かなりレアな状態なんで自分には少し食べにくかったです。お味はすごくいいお肉だった。

ペリニィヨンのデザート

デザートも盛り合わせでいろいろ食べられます。
ペリニィヨンのコーヒー

最後にコーヒーをいただいて終了です。

ここのお店は東京銀座のフレンチ店にいたご主人が奥様とはじめられたお店だそうです。

お肉料理は鴨や鹿など結構ジビエな料理がでることも多いですが、苦手な場合は事前にお願いしておけば変更もしてもらえます。

また事前に予約しておけば基本の2コース以上のお料理もお願いできます。以前知人のお祝いで一人15000円でお願いした時は、鮑まるごと1つをパイづつみにしたお料理を用意いただいて、感激するくらいうまかったですよ。

今回も美味しい料理をありがとうございます。
おかげで長崎の夜を楽しめました。

また長崎に行ったらお邪魔します。
ごちそうさまでした。

 

店名 長崎 ペリニィヨン (Perignon)
お問い合わせ :095-820-0230
住所 :長崎県長崎市万屋町3-21 小林ビル 2F
営業時間:12:00~14:00(L.O)
     18:00~20:00(L.O)
定休日:日曜日(祝祭日は営業)

 

ブログランキング参加中 応援お願いします
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村

 

長崎市ぐるめ
スポンサーリンク
kotokotoをフォローする
福岡とことこ